第二回伊香立コンポストセンター所在地‼

  • 2016.12.06 Tuesday
  • 16:28

以前コンポストセンターの所在地について記事にしたことがありましたが

発行して間もなく目印の精米機と自動販売機がなくなってしまいました…

まさかまさかの精米機の撤去、ずっと前からそこにあったのに注目した途端になくなって…

目印は消えてしまいましたがお越しの際には坂を下った先の山手側の白いテントを見つけて来てください!

宮島

 

伊香立コンポストセンターの所在地

  • 2016.09.10 Saturday
  • 13:08

 

伊香立コンポストセンターの施設が出来てかれこれ数年経ちますが改めて所在地の確認をしたいと思います。

というのも時々なんですが一般の方が乗用車で事務所までこられて

「燃えるごみ数袋あるんですけど?」や

「布団持ってきたんやけど?」とか

「ここ焼却場ですかー!?」などなど・・・

北部クリーンセンターと間違って来られることが時々あります。

確かに施設を大通りから見ると後ろにはクリーンセンターの煙突が・・・

なので、伊香立コンポストセンターの正確な場所の説明としては国道477

「伊香立中西」交差点を南へ下り右手側に無人精米機のあるT字を右折!

その奥に見える建物が伊香立コンポストセンターです‼

目印は「伊香立中西」交差点と無人精米機です。お越しの際にはぜひこれを見つけて下さい。

ICC農園

  • 2016.08.09 Tuesday
  • 16:50

ICC農園では昨年からイチゴや現在、キュウリ、ナス、トマトなどの夏野菜を伊香立コンポストセンターの堆肥を使用して育てています。

農薬などは一切使っていないので形や大きさは不揃いですがそれでもイチゴは甘酸っぱく、

大きさもスーパーで販売されているぐらいの粒に成長し、キュウリなどはみずみずしく

おいしい野菜として育ちました!

今後その穫れた作物を道の駅妹子の郷さん、JAグリーンファーム堅田店さんでの販売準備を進めています!

もし店頭にて日映志賀の商品を見かけ時にはぜひその手に取ってみて下さい!

博物館での展示 

  • 2013.10.10 Thursday
  • 18:52

11月3日まで びわこ博物館で、弊社の生ゴミ堆肥化プロジェクトの
展示が開催されています。

今日も、近隣の大阪、京都、三重、岐阜などの小学校の生徒さんたちが
たくさん見学にやってきました。




「工エエェェ(´д`)ェェエエ工 なんで 生ゴミが土になるの?

みんな不思議みたい。



より実感してもらえるから、本当は工場を見学して欲しいなあ。

ご興味がある方は、お気軽に工場見学の問合せをどうぞ。
説明も含め約40分くらいの時間になります。

中学生の環境学習発表会

  • 2012.12.05 Wednesday
  • 19:17
 
環境学習の発表会を生徒の皆さんが行いました。


先日、大津市内の真野中学校の1年生のグループが、弊社の運営するICC(伊香立コンポストセンター)で環境学習を行い、
生ゴミが堆肥化されていく様子を見学されました。

今日は、その発表会がグループ単位で行われました。
DSC03372.JPG

生ゴミを燃やさない
生活の延長から出るゴミでも「資源」として有効に利用できる大切さを工場にきて理解してもらえたようです。

DSC03385.JPG

堆肥化していくことの大切さを感じてくれた様子でした。
今後もこういった取り組み、見学、発表が盛んに行われることを期待したいと思います。

今後も、施設の見学受け入れ、体験学習、出前授業など、
地域の循環社会の啓発のお手伝いができたら幸いです。

いろんな方々と共に学び、実践していきたいものです。





生ゴミ堆肥アナウンス 小野妹子まつり会場にて

  • 2012.11.05 Monday
  • 12:07

平成24年11月3日 大津市和邇(わに)地区にて

遣隋使 小野妹子まつりに出店しました。

大津市の補助事業として展開中の「生ゴミ堆肥化プロジェクト」の紹介アナウンスのブースを出しました。

今年は、会場で近江牛の試食会もあり、盛況な一日で、弊社の
堆肥紹介ブースも、用意した堆肥のサンプルがお昼過ぎには
すべて無くなってしまいました!
地元、旧志賀町では、かなり認知ができてきているなあという感触と、今回は、テレビ放送を見たよとおっしゃって頂く方もいました。

DSC03156.JPG
ー受付対応中ー 
弊社新人の菅井くん。18歳の期待のホープです。彼が地元エリアのBOXを回収して回っています。またお声がけくださいね。

龍谷大学 学生見学。

  • 2011.12.01 Thursday
  • 20:03
 いよいよ12月。あっという間に今年も年末が近づいてきます。

今日は、寒さも厳しくICC(伊香立コンポストセンター)では、風も強い一日となりました。 寒〜〜〜〜い
そんな中、龍谷大学の環境を勉強している学生さんたちが堆肥化
工場を見学。

生ゴミが回収されてきてから、堆肥化するまでの状況を
ご覧になられました。


さすが、学生さん。メモをとってますー。
寒い中、熱心でいいですね〜。
来年は新卒の方々も入社してほしくなりました。


来春には、エコフェスなども開催していこうと思っているので
学生さんたちにも参加してもらえればなあ。

久しぶりに大学で授業をしたくなってきました=。

ゴミゼロ運動の様子 

  • 2011.11.28 Monday
  • 07:54
ゴミの分別していますか?わかりますか?


11月27日 平和堂和邇店(わに)にて、湖西地区で活動する地女連(じじょれん)の方々が中心となり、ゴミの分別クイズによる、「ゴミゼロ推進運動」が行われました。

 

ペットボトル、ライター、たまごパック、空き缶、うちわ、ボールペン、香水のガラス瓶、、、
沢山の商品を並べ、どのように分別処理するか、幾つかのBOXを用意して、店舗でお買い物中の皆さんが参加して頂けました。



可燃ごみ、不燃ごみの判断がつかいないものは、ついつい、燃えるゴミに隠すようにいれたり、分別が面倒だからあまりしていないという方もいました。

また、ガスボンベのガスを抜くのが怖いという人も結構いました。


野菜が美味しそう〜。

  • 2011.10.24 Monday
  • 17:10
 
今日は守山市の「田畑」に行ってきました!
今日は、ナイスミドル?の2人がモデルです。

家庭から集まった「生ゴミ」がこういう風に農地で
活かされ、新しい命が誕生する。

広がってほしい「食のリサイクル」の現場の一つ。

037.JPG
              滋賀ファーマーアクター? 守山市 堤さん
       黄色のシャツが粋ですね〜。

弊社の伊香立コンポスト工場で仕上がった、堆肥を
利用している田畑で、新鮮な野菜の生育状態を見て
きました。

018.JPG
↑ 漬物にすると、ご飯にばっちり。
                  畑で作業中は、河野さん(独身!)

また、そこにあった幾つかの野菜を「試食」。
とれたてで、少々土付きでしたが、美味しく頂きました。

食べ残しの食べ物、「すてればゴミ、分別すると命が
生まれます」。

ご興味がある方は、
伊香立のコンポスト工場見学にもお気軽にお越しください。

wrote だい



生ゴミは燃やさないで^^^

  • 2011.10.22 Saturday
  • 11:08
JUGEMテーマ:環境 「ぷろあーす」 Protect the Earth 地球を護ろう

生ゴミを単純にゴミ袋に入れて、家庭から排出する。

でもよく考えて見ましょう。

水気の多い生ゴミを燃焼させていくには、かなりの時間とエネルギーが必要になります。

そしてその後、最終処分で「再利用できない」土として、処分場に回ってしまいます。

一定の時間はかかりますが、生ゴミを堆肥化して土に還していくことで、エネルギー的にも
削減されます。

よりたくさんの人が、堆肥化にも取り組んでほしいです。



PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM